自分なりの基準では意味がない

通勤は電車を利用しているので

この時間は読書にあてるようにしています

最近読んでいる本にこころにささる部分が・・・

ユニクロ・GUなどの(株)ファーストリテイリング会長 柳井正さんのお言葉

自分なりの基準では意味がなく

お客さまが本当に喜んで下さる基準でなければいけない

だからいつも世界で一番を目指す


そのときは精いっぱいやっているつもり

でも

他に比べたら?

自己満足ではないか?

もっとよくするには?

これはいつも自分自身に問いかけて日々成長していきたいなと思いました


特にわたしたち働くママは色々と言い訳することができてしまう

「子供との時間を大切にしたい」

「家事が忙しくて…」

「やることは仕事だけじゃないし」

時には少し立ち止まることや逃げたくなることもあるかもしれない

私も過去にこのように思ったこともあるし葛藤したこともある

子供のためと言えば聞こえは良いかもしれないけれど、やらない理由にしているだけだったんですよね


結局やらなかったという事実は変わらず

よい結果がでないだけ

たとえ子供が熱を出したとしても

それはお客さまには関係のないこと

これは仕事をしていく上で、決して忘れてはいけないなと感じます


子育てと仕事の両方をしていくことは決して簡単なことではないけれど

がんばる姿を子供は見ていてくれるはず


お迎えに行くと一番最後でひとりで待っていることがほとんどだし

小学校に入って最初の参観日にもいけなかった

離婚したことで引っ越しも転園もさせてしまい悲しい思いもさせた

むすめに負担をかけて働くからにはしっかりと向き合っていかなければいけないし

いつまでも子供に誇れる自分でありたいと思います

なんて考えながらの帰り道
さあ、お迎えいきますか♪

美容業界で働くママのBeauty Life

子育てしながら、仕事もオシャレも全て楽しむ働くママとして、たくさんの女性にビューティーライフと子育ての情報を発信していきます!

0コメント

  • 1000 / 1000